POINT!

動画と音声での説明

インスリンの正常反応.jpg
正常人では、抑制性のノイズである食事の直後、すぐにインスリンの生成、内分泌、血中濃度の上昇の増大により、血糖はセットポイントに戻ります。
04245.jpg
2型糖尿病では、主病態として、徐々に膵臓が疲弊します。そのため、食後、インスリンの生成、内分泌はあまり亢進できず、血中濃度の上昇も小さくなります。 さらに、この小さな上昇は時間がかかり、遅延するのです。当然、食事直後の血糖低下への促進作用も少なくなり、血糖は上昇します。

Challenge Quiz

1. 2型糖尿病では、膵臓のβ細胞は 疲弊 活性化 し、インスリンの生成、内分泌は 急峻になる 遅延する