POINT!

2型糖尿病と比べて、1型糖尿病の特徴は。。。

*感染や自己免疫が誘因となることが多い

*細胞内でブドウ糖が不足し、クエン酸(クレブス、TCA)回路が低下して、脂肪酸のベータ酸化が亢進するため、ケトン体が蓄積する。すなわち、ケトーシス、ケトアシドーシスを呈する。

*遺伝的素因は少ない

*頻度は低い

*若年に急激に発症する

*肥満はなく、むしろやせ型の体型である

*治療にインスリンは不可欠となる

などがあげられます。


Challenge Quiz

1. 1型糖尿病では、 感染、自己免疫など 過食、運動不足、脂質の多い食事 が誘因である。
2. 1型糖尿病では、食後のインスリン生成、内分泌、血中濃度の上昇が 極めて低値である 遅延し、低値である
3. 1型糖尿病では、ケトーシス、ケトアシドーシスが 多い 少ない
4. 1型糖尿病では、遺伝的素因が 少ない 多い
5. 1型糖尿病では、頻度が 10%以下 90%以上 である。
6. 1型糖尿病では、発症年齢が 若年 中年以降 である。
7. 1型糖尿病では、発症速度が 急激 緩徐 である。
8. 1型糖尿病では、肥満が 少ない 30-40%程度である
9. 1型糖尿病では、 治療にインスリンが不可欠である 治療が食事療法、運動療法、経口剤療法、インスリンである
10. 1型糖尿病はメタボリック症候群、生活習慣病の一部で ある ない