血管壁などに抗原と抗体との複合体が沈着することにより炎症が生じます。代表的疾患として、全身性エリテマトーデス(SLE)、急性糸球体腎炎、慢性関節リウマチなどがあげられます。特に急性糸球体腎炎は、溶血性連鎖球菌(溶連菌)に感染し、これに対する抗体を生成した後に発症することが多いことが知られています。

代表的疾患: 全身性エリテマトーデス
          溶連菌感染後糸球体腎炎
          慢性関節リウマチ

04281.jpg

Challenge Quiz

1. 全身性エリテマトーデスは 1 2 3 4 5 型のアレルギーである。
2. 急性糸球体腎炎は 1 2 3 4 5 型のアレルギーである。
3. 慢性関節リウマチは 1 2 3 4 5 型のアレルギーである。
4. 急性糸球体腎炎は 溶血性連鎖球菌(溶連菌) ブドウ球菌 大腸菌 に対する抗体による、一種のアレルギーとして発症することが多い。