カルシウム摂取不足による骨塩量減少が主病態であり、高齢、閉経、喫煙など他の要因も多様にあります。

骨塩量は減少し、コラーゲン、骨密度も減少します。重症になると「つぶれる」など骨が変形します。当然、骨折が多くなり、高齢者における活動がさらに制限され、介護度があがってしまいます。

血中のカルシウム濃度、リン(酸イオン)濃度、副甲状腺ホルモン濃度などは比較的、保たれ、大きく減少することはあまりありません。

カルシウム、ビタミンD,日光浴、軽度な運動により予防、進行防止できます。

Challenge Quiz

1. 骨粗鬆症では、 カルシウム摂取 活性型ビタミンD の低下が主病態である。
2. 骨粗鬆症では、血中カルシウム濃度は 減少する 上昇する 特に変動しない
3. 骨粗鬆症では、血中リン(酸イオン)濃度は 減少する 上昇する 特に変動しない
4. 骨粗鬆症では、活性型ビタミンDは 減少する 上昇する 特に変動しない
5. 骨粗鬆症では、骨塩量は 減少する 上昇する 特に変動しない
6. 骨粗鬆症では、骨のコラーゲン量は 減少する 上昇する 特に変動しない
7. 骨粗鬆症では、骨密度の低下は特徴的 である でない
8. 骨粗鬆症では、骨折、骨の変形は特徴的 である でない