POINT!

Cranial10.jpg
迷走神経(第Ⅹ脳神経)は胸腹部において複雑に枝分かれし、大部分の臓器の副交感神経となっています。
嚥下運動は迷走神経(第Ⅹ脳神経)だけではなく、舌咽神経(第Ⅸ脳神経)の働きでもあります。
味覚は舌の前2/3は顔面神経(第Ⅶ脳神経)、後1/3が舌咽神経(第Ⅸ脳神経)、舌根部が迷走神経(第Ⅹ脳神経)です。

Challenge Quiz

1. 迷走神経の機能は 唾液腺の分泌 舌前2/3の味覚 舌後1/3の味覚 舌根部の味覚 口腔の感覚 咽頭の感覚 喉頭の感覚 頸動脈洞(血圧受容器)、頸動脈小体(酸素受容器) 胸腹部臓器への副交感神経 胸腹部臓器の受容器 嚥下筋 舌筋 発声の筋 である。
2. 迷走神経は第 I II III IV V VI VII VIII IX X XI XII 脳神経である。
3. 迷走神経の機能は 嗅覚 上部鼻腔の感覚 下部鼻腔の感覚 視覚 角膜、結膜の感覚 鼻、目、額周辺の顔面の感覚 上顎顔面の感覚 下顎顔面の感覚 縮瞳筋 散瞳筋 毛様体(遠近調節) 涙腺への副交感神経 眼球の外転筋 上斜筋 外転筋・上斜筋以外の動眼筋 上眼瞼拳筋 (上眼瞼拳筋以外の)表情筋 胸鎖乳突筋 咀嚼筋 嚥下筋 発声の筋 舌筋 唾液腺への副交感神経 舌前2/3の味覚 舌後1/3の味覚 舌根部の味覚 上部口腔の感覚 下部口腔の感覚 咽頭の感覚 喉頭の感覚 聴覚 (重力含む)直線加速度 (回転など)角加速度 頸動脈洞(血圧受容器)、頸動脈小体(酸素受容器) 胸腹部臓器の受容器 胸腹部臓器への副交感神経 である。