シナプス小胞にアドレナリン、ノルアドレナリン、アセチルコリン、グルタミン酸が含まれている場合、放出によりシナプス後膜は脱分極し、興奮性(活動性)が上昇(安定性が低下)します(下図、左)。このようなシナプスを興奮性シナプスといいます。伝達物質がガンマアミノ酪酸 Gamma-AminoButyric Acid (GABA)などの場合、シナプス後膜は過分極し、興奮性(活動性)は低下(安定性は増大)します(下図、右)。このようなシナプスを抑制性シナプスといいます。

04225.jpg


Challenge Quiz

1. 興奮性シナプス伝達の結果、シナプス後膜の電位は 脱分極 過分極 する。
2. 抑制性シナプス伝達の結果、シナプス後膜の電位は 脱分極 過分極 する。
3. ガンマアミノ酪酸 Gamma-AminoButyric Acid (GABA)は 興奮性 抑制性 伝達物質である。
4. グルタミン酸は 興奮性 抑制性 伝達物質である。