POINT!

内臓受容器で受け取った感覚情報は、自律神経求心路を介して中枢神経系に送られ処理されます。 この中枢神経系での処理後、体性神経遠心路を介して運動情報が効果器骨格筋に送られ骨格筋の収縮が変化します。呼吸筋は体性神経による支配であるため、呼吸運動が変化する呼吸反射は内臓―体性反射の例です。排便反射、排尿反射はそれぞれ大腸、膀胱の平滑筋が収縮する内臓―内臓反射であると同時に、骨格筋である腹筋の収縮や、外肛門括約筋、外尿道括約筋の弛緩など一部は内臓―体性反射です。

内臓体性反射.jpg


Challenge Quiz

1. 内臓―体性反射は、 自律 体性 神経を求心路とし、 体性 自律 運動神経を遠心路とする反射である。
2. 内臓―体性反射は シナプス反射である。
3. ヘーリング・ブロイエル反射は 内臓―内臓 内臓―体性 体性―内臓 体性―体性 反射である。
4. 咳反射は 内臓―内臓 内臓―体性 体性―内臓 体性―体性 反射である。
5. 筋性防御では 胃粘膜の炎症 胃潰瘍穿孔などによる腹膜刺激 を考える。
6. 腹膜刺激症状であるのは 腹壁反射 筋性防御 である。
7. 筋性防御での受容器は 腹部皮膚 腸間膜などの腹膜 である。
8. 筋性防御では 大腿四頭筋 腹筋 が持続的に収縮する。