視覚伝導路(2,右側眼球の鼻側視野)

00728.jpg

「原則」を右側眼球の鼻(内、左)側視野(クローバー)にあてはめてみましょう。水晶体のはたらきのため、右側眼球の鼻(内、左)側視野(クローバー)は右側眼球の網膜の耳(外、右)側半分に映り、活動電位が発生します。また、網膜の耳(外)側半分からの線維は視交叉で左右の正中線を交叉しないため、右側眼球の鼻(内、左)側視野(クローバー)は右の視索を経て、右の大脳皮質に届きます。

Challenge Quiz

1. 右側眼球の鼻(内、左)側視野は右側眼球網膜の  耳(外) 鼻(内) 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉  して せず 、  側大脳皮質へ伝えられる。
2. 右側眼球の鼻(内、左)側視野は  側大脳皮質へ伝えられる。