04360.jpg

言語中枢には運動性言語中枢(ブローカー中枢)と感覚性言語中枢(ウェルニッケ中枢)との二つがあります。


意味のない声を出す「発声」は運動野の機能ですが、言葉を話すためには運動性言語中枢(ブローカー中枢)の機能も合わせて必要です。 同様に、音が聞こえる「聴覚」は聴覚野の機能ですが、聞こえた言葉の意味がわかるためには、感覚性言語中枢の機能も合わせて必要です。

右利きのヒトの95%、左利きのヒトの65%は、左脳に言語野(領)があると報告されています。

また、図形が見えるのは視覚野の機能であるが、見えた文字の意味がわかるのは、視覚性言語中枢の機能です。



Challenge Quiz

1. 運動性言語中枢により 意味のない声が出せる 言葉を話せる
2. 感覚性言語中枢により 音が聞こえる 聞こえた言葉の意味がわかる
3. 意味のない声ではなく.言葉を話すためには 運動野 聴覚野 運動性言語中枢 感覚性言語中枢 が必要である。
4. 音を聞くのではなく聞こえた言葉の意味がわかるためには 運動野 聴覚野 運動性言語中枢 感覚性言語中枢 が必要である。
5. 運動性言語中枢は、 ブローカ中枢 ウェルニッケ中枢 ともよばれる。
6. 感覚性言語中枢は、 ブローカ中枢 ウェルニッケ中枢 ともよばれる。
7. ブローカ中枢とは 運動性言語中枢 感覚性言語中枢 である。
8. ウェルニッケ中枢とは 運動性言語中枢 感覚性言語中枢 である。
9. 言語中枢は 延髄 中脳 視床下部 視床の特殊投射核 視床の非特殊投射核 小脳 大脳基底核 大脳辺縁系 大脳皮質 にある。