POINT!

動画と音声での説明

エンジンの回転が「原因」であり、「結果」であるスピード上昇を促進します。スピード上昇はモニターされ、時速80キロメートルがちょうどいいセットポイントです。

今、ある一定のエンジンの回転により、スピードがセットポイントの時速80キロメートルまで上昇している、としましょう。これはちょうど良く、人体であれば生理的であると言います。

03635.jpg

このシステムに最初に起こることが、上り坂に来る、だったとしましょう。上り坂により、スピードは時速60キロなどになります。これは、セットポイントの80キロよりスピード上昇が遅すぎる状態です。このようなことが人体で起これば、生理的でないと言います。上り坂は、スピード上昇に対する抑制性のノイズであり、調節が必要です。

03636.jpg
「結果」が少ない場合、負のフィードバックは、「結果」を促進する「原因」を多くします。これにより、エンジンの回転が上昇し、エンジンの回転によるスピード上昇への促進作用も多くなり、遅すぎるスピードがちょうどいい、セットポイントのスピードへ上昇するので、スピードを一定に保つことができます。このような調節が人体で起これば、生理的である、と言います。


Challenge Quiz

1. 上り坂で遅すぎるスピードを上げたい場合、正しい行動は、 エンジンの回転を上げる エンジンの回転を変えない エンジンの回転を下げる ことである。
2. 上り坂でスピードが遅すぎる時、エンジンの回転を上げると スピードはちょうどいい(セットポイントの)スピードへ向けて増大する スピードは遅いまま変わらない スピードはさらに遅くなる
3. 負のフィードバックシステムでは、「ノイズ」により「結果」がセットポイントより少ないとき、その「結果」を促進する「原因」を 増大 減少 させる。