では、同じ考え方を腎臓に置き換えてみましょう。

 
よごれている所部屋血漿
よごしているモノゴミクレアチニン
よごれを運び出す媒体ゴミ箱尿

と置き換えてみましょう。血漿という体の中のお部屋にクレアチニンというゴミあり、よごれているわけです。よごれはお掃除してキレイにしなければなりません。そのため、尿と言うゴミ箱に入れてよごれを運び出(排泄)しています。

 
よごれ具合 ゴミ:5個/部屋1 m 2クレアチニン:10 μg/血漿1 mL
(1分間で)よごれ運び出し量(ゴミ箱内の)ゴミ:20個(尿中の)クレアチニン:1,000 μg

実際のよごれ具合(=血漿のクレアチニン濃度)はクレアチニン10 μg/血漿1 mL程度であり、よごれの運び出し量は(1分間で)クレアチニン1,000 μg程度です。

00336.jpg
9時00分に血漿のよごれ具合がクレアチニン10 μg/血漿1 mLとします。

(1分間での)1,000 μgのクレアチニンが尿と言うゴミ箱に運び出されました。

この図では、クレアチニンが運び出された(キレイになった)血漿は他の血漿と混ざらないで1カ所に集まっている、ことが想定されています。当然、循環系としては実際とは異なりますが、腎臓の機能としては正確に端的に示されています。

 
何・クリアランスゴミ・クリアランスクレアチニン・クリアランス
(1分間で)よごれが運び出されて
キレイになった所の広さ
(1分間で)ゴミが運び出されて
キレイになった部屋の広さ
(1分間で)クレアチニンが排泄されて
キレイになった血漿の体積
(1分間で)運び出されたよごれが
占めていた所の広さ
(1分間で)運び出されたゴミが
占めていた部屋の広さ
(1分間で)排泄されたクレアチニンが
占めていた血漿の体積
クリアランスの計算式 (1分間で)よごれ運び出し量/よごれ具合

クリアランスの計算式
(1分間で)よごれ運び出し量/よごれ具合にあてはめると、

(1分間で)尿に運び出されたクレアチニンの量/血漿のクレアチニン濃度

=(1分間で)クレアチニン1,000 μg/(クレアチニン10 μg/血漿1 mL)

=(1分間で)血漿100 mL

すなわち、9時00分から9時01分の間、血漿100 mLからクレアチニンが運び出され、キレイになったことがわかります。

クリアランスとは「運び出されたよごれが占めていた所の広さ」ですので、「クレアチニン・クリアランス」とは、腎臓が運び出(排泄)したクレアチニンが占めていた血漿の体積であり、これが(1分間で)100 mLだったのです。

問題  尿中クレアチニン排泄量:毎分クレアチニン800 μg

    血漿中のクレアチニン濃度:クレアチニン80 μg/血漿1 mL

    このヒトの腎臓の血漿清掃機能は、どの位低下しているでしょうか?

答え  (1分間で)クレアチニン排泄は、正常値(1,000 μg)よりやや低いだけ(800 μg)です。尿毒症の症状は、出ていないと考えるべきでしょうか?血漿中のクレアチニン濃度をみると、正常の8倍ほどあり、高値です。クレアチニン濃度が高いと、同じ排泄速度でも、血漿がキレイになる速度は遅くなるわけですから、クリアランスを計算するしかないわけです。

(1分間で)キレイになった血漿の体積(クレアチニン・クリアランス)

=(1分間で)クレアチニン排泄量/血漿のクレアチニン濃度

=(1分間で)800 μg/(80 μg/血漿1 mL)

=(1分間で)血漿10 mL


すなわち、腎機能は正常の 1/10です。透析を検討すべき患者さんと思われます。


Challenge Quiz

1. クレアチニン・クリアランスの正常値は、おおよそ100 mL/分である。単位のmLは  血漿 尿 の体積である。
2. クレアチニン・クリアランスは、低値であるほど、腎機能は  良い 悪い
3. 血漿クレアチニン濃度は、低値であるほど、腎機能は  良い 悪い
4. 血漿クレアチニン濃度は、高値であるほど、クレアチニン・クリアランスは  小さい 大きい
5. 尿中クレアチニン排泄が多いほど、クレアチニン・クリアランスは  小さい 大きい
6. ある物質の血漿濃度と尿中濃度、ならびに尿量より、クリアランスは求められる。 
7. すべての物質のクリアランスは、その物質が糸球体でろ過される量をあらわす。