神経線維の役割分担

NervFiberBasicClassification.jpg

上列ほど太く、伝導速度も速い。
Aα:エーアルファ、Aβ:エーベータ、Aγ:エーガンマ、Aδ:エーデルタと読みます。


Challenge Quiz

1. 細い神経線維ほど伝導速度は  遅い 速い
2. 太い神経線維ほど伝導速度は  遅い 速い
3. 神経のA線維は  (第2の痛み以外の)体性神経 自律神経節前神経 自律神経節後神経 にみとめられる。
4. 神経のB線維は  (第2の痛み以外の)体性神経 自律神経節前神経 自律神経節後神経 にみとめられる。
5. 神経のC線維は  (第2の痛み以外の)体性神経 自律神経節前神経 自律神経節後神経 にみとめられる。
6. 神経線維は  A線維、B線維、C線維 C線維、B線維、A線維 の順に太い。
7. 神経線維は  A線維、B線維、C線維 C線維、B線維、A線維 の順に細い。
8. 神経線維は  A線維、B線維、C線維 C線維、B線維、A線維 の順に速い。
9. 神経線維は  A線維、B線維、C線維 C線維、B線維、A線維 の順に遅い。
10. 筋紡錘(=錘内筋)(の受容領域)からの求心性線維は  Ia Ib II III IV 線維である。
11. 腱紡錘からの求心性線維は  Ia Ib II III IV 線維である。
12. 触圧覚の求心性線維は  B C 線維である。
13. 温冷感の求心性線維は  B C 線維である。
14. 骨格筋(錘外筋)への遠心性線維は  B C 線維である。
15. 錘内筋(=筋紡錘)(の収縮領域)への遠心性線維は  B C 線維である。
16. 自律神経節前線維は  B C 線維である。
17. 自律神経節後線維は  B C 線維である。
18. 第1の痛みを伝える求心性線維は  B C 線維である。
19. 第2の痛みを伝える求心性線維は  B C 線維である。
20. 自律神経節前線維は  有髄 無髄 神経線維である。
21. 自律神経節後線維は  有髄 無髄 神経線維である。
22. 第1の痛みを伝える求心性線維は  有髄 無髄 神経線維である。
23. 第2の痛みを伝える求心性線維は  有髄 無髄 神経線維である。