POINT!
VitARhodopsinIntro.jpg

βーカロチンが2分割され、トランス型レチノール(アルコール型ビタミンA)となり、視細胞に入ります。視細胞の中でトランス型レチノールは酸化されてトランス型(安定型)レチナールとなります。トランス型(安定型)レチナールはオプシンというたんぱく質に組み込まれ、ロドプシンと言う複合体になります。この際、レチナールはトランス型(直線的で安定型)からシス型(折れ曲がっていて不安定型)になります。

シス型(不安定型)レチナールに光があたると、トランス型(安定型)になり、オプシンから外れます。この際、オプシンが活性化され、視細胞に活動電位が発生します。


Challenge Quiz

1. ヘモグロビン ロドプシン ペプシン アンジオテンシン ポルフィリン は光感受性たんぱく質である。
2. ロドプシンは 血液 唾液 視細胞 中心後回 に多い。
3. ロドプシンの生成にはビタミン B12 が必要である。