RespiratoryControlCerebralCortexNormalFunction3.jpg

大脳皮質の働き-3:脳幹全体の不随意的呼吸中枢全体を持続的に活性化し、感度を上げる作用があります(continuous drive on non-voluntary respiration)。

RespiratoryControlCerebralCortexDamaged.jpg
そのため、大脳皮質の障害により、脳幹brainstemにある不随意的呼吸中枢の感度が下がり、Cheyne-Stokes呼吸という、周期的な呼吸が出現します。
RespiratoryControlCerebralCortexDamagedAsleep.jpg
また、大脳皮質の障害により、睡眠時、中枢性睡眠時無呼吸 central sleep apneaも生じやすいです。


1. 大脳皮質が障害されると、延髄呼吸中枢の感度が下がり、覚醒時にも 徐呼吸 bradypnea 中枢性睡眠時無呼吸 central sleep apnea Cheyne-Stokes呼吸 不規則呼吸 irregular breathing 失調性呼吸 ataxic breathing ビオー呼吸 Biot breathing locked-in症候群 喘ぎ呼吸 gasp 持続性吸息 apneusis が出現し得る。
2. 大脳皮質が障害されると、延髄呼吸中枢の感度が下がり、睡眠時に 徐呼吸 bradypnea 中枢性睡眠時無呼吸 central sleep apnea Cheyne-Stokes呼吸 不規則呼吸 irregular breathing 失調性呼吸 ataxic breathing ビオー呼吸 Biot breathing locked-in症候群 喘ぎ呼吸 gasp 持続性吸息 apneusis が特徴的である。