筋、腱、関節にある受容器に司どられた感覚である。後索路を上行する。運動感覚が主であり、振動、体の姿勢、位置、動きなどが感覚される。筋、腱にはそれぞれ、筋紡錘、腱紡錘がある。それぞれについては筋肉の章を参照。


Challenge Quiz

1. 筋肉の張力,負荷,関節の位置,角度,骨格系の痛みなどは  表在 深部 感覚とよばれている.
2. 筋紡錘からの求心性活動は.脊髄を介して.運動神経細胞を  興奮させる 抑制する .
3. 腱紡錘からの求心性活動は、脊髄を介して、運動神経細胞を  興奮させる 抑制する .
4. 膝蓋腱反射の受容器は大腿四頭筋の  筋紡錘 腱紡錘 である.
5. 筋、腱、関節からの感覚を 内臓感覚 深部感覚 と言う。