POINT!

動画と音声での説明

03857.jpg

体温調節の負のフィードバックでは、皮膚血管拡張が「原因」で体温低下が「結果」です。体温低下はモニターされ、ちょうどいいセットポイントはだいたい37度です。 真夏の高温により体温は38度などになります。これはセットポイントの37度より体温低下という結果が少なすぎる状態であり、調節が必要です。



03858.jpg

負のフィードバックでは、「結果」である体温低下が少ない場合、「原因」である皮膚血管拡張は増大します。 この調節により、皮膚血管拡張による体温低下の促進作用は多くなり、体温はセットポイントである、37度に低下します。 真夏の高温などは体温低下を抑制するノイズであり、これに対して、皮膚血管拡張による体温低下の促進作用を多くする調節により、体温のホメオスターシスを保つことができて生理的です。



Challenge Quiz

1. 真夏の高温により、皮膚血管は  拡張する 収縮する