POINT!

動画と音声での説明


03855.jpg

負のフィードバックとは、「結果」が多いときには、「結果」を促進する「原因」を少なくし、逆に、「結果」が少ないときは、「結果」を促進する「原因」を多くすることで、「結果」をちょうどいい(セットポイント)レベルに安定させるためのシステムです。 たとえば、ふるえや鳥肌は、体温上昇を促進します。体温調節の負のフィードバックにおいては、ふるえや鳥肌が「原因」であり、体温上昇が「結果」となります。


そのため、夏に高体温となり、体温がセットポイントより高い場合、高体温=体温上昇という「結果」が多いと判断され、ふるえなどの運動や鳥肌など、すなわち、「結果」をもたらす「原因」は抑制さます。



03856.jpg

一方、逆に、冬に低体温となり、体温がセットポイントより低い場合、低体温=体温上昇という「結果」が少ないと判断され、ふるえなどの運動や鳥肌など、すなわち、「結果」をもたらす「原因」は増大します。


真冬の低温などは体温上昇を抑制するノイズであり、これに対して、ふるえや鳥肌による体温上昇の促進作用を多くする調節により、体温のホメオスターシスを保つことができて生理的です。 上り坂でエンジンの回転を増大させるのに似ています。


Challenge Quiz

1. ふるえ・鳥肌を調節する負のフィードバックにおいて、 ふるえ・鳥肌を「原因」とするならば、「結果」は体温上昇である。(真夏日などにおける)高温暴露により、ふるえ・鳥肌を調節する負のフィードバックシステムが「ちょうどいい」とする(セットポイント)温度は、 上昇する 変わらない 低下する 。そのため、このシステムは、高温暴露による高体温を、「結果」が 多い ちょうどいい 少ない と判断し、「原因」であるふるえ・鳥肌 を増大(亢進)させる に影響しない を減少(低下)させる
2. ふるえ・鳥肌を調節する負のフィードバックにおいて、 ふるえ・鳥肌を「原因」とするならば、「結果」は体温上昇である。(真冬日などにおける)低温暴露により、ふるえ・鳥肌を調節する負のフィードバックシステムが「ちょうどいい」とする(セットポイント)温度は、 上昇する 変わらない 低下する 。そのため、このシステムは、低温暴露による低体温を「結果」が 多い ちょうどいい 少ない と判断し、「原因」であるふるえ・鳥肌 を増大(亢進)させる に影響しない を減少(低下)させる
3. 真冬の低温により、ふるえ・鳥肌は  増大する 変化しない 減少する
4. ふるえ・鳥肌を調節する負のフィードバックにおいて、真冬の低温は 原因 結果 ノイズ である。