DefenceBasicIntro-Jpn.jpg


<第1レベル>
皮膚(角質層)、胃液、気管線毛などによる体外の異物に対する画一的な防御です。 自己/非自己の識別はせず、(当然)どのような異物であるかの特定はしません(できません)。 「パスポート」に喩えるのなら、パスポートを見ない(見られない)ようなものです。 機械的、化学的防御などがあります。

<第2レベル>
好中球などによる体内の異物に対する画一的な防御です。 自己/非自己の識別はしますが、どのような異物であるかの特定はしません。 「パスポート」に喩えるのなら、パスポートの表紙だけを見るようなものです。 「細菌国からだから非自己」のような情報で攻撃します。 自然免疫、非特異的免疫などとよばれています。

<第3レベル>
リンパ球などによる体内の異物に対する固有の防御です。 自己/非自己の識別はしますし、どのような異物であるかも特定します。 「パスポート」に喩えるのなら、パスポートの内容まで見るようなものです。 「箱型細菌と言う非自己」のような情報で攻撃します。獲得(適応)免疫、特異的免疫などとよばれています。


Challenge Quiz

1. 皮膚(角質層) 胃液 気管線毛 好中球 リンパ球 は自己/非自己の識別はする。
2. 皮膚(角質層) 胃液 気管線毛 好中球 リンパ球 は自己/非自己の識別はしない。
3. 皮膚(角質層) 胃液 気管線毛 好中球 リンパ球 はどのような非自己(異物)であるかの特定はする。
4. 皮膚(角質層) 胃液 気管線毛 好中球 リンパ球 はどのような非自己(異物)であるかの特定はしない(できない)。
5. 皮膚(角質層) 胃液 気管線毛 好中球 リンパ球 による防御は自然免疫、非特異的免疫などとよばれている。
6. 皮膚(角質層) 胃液 気管線毛 好中球 リンパ球 による防御は獲得(適応)免疫、特異的免疫などとよばれている。