04279.jpg

肥満細胞表面にはIgEが結合しており、そのIgEに特定の抗原が結合すると、肥満細胞が脱顆粒するのです。顆粒内にあったヒスタミンなどの刺激性物質が放出され、炎症をひきおこします。抗原と接触して数分以内に発症する点が特徴的です。

代表的疾患:アレルギー性喘息、花粉症、ペニシリンショック

Challenge Quiz

1. I型のアレルギーは、肥満細胞の表面に結合したIg A E G M に特定の抗原(花粉など)が結合し、肥満細胞から γグロブリン ヒスタミン ペニシリン フィブリノーゲン エストロゲン などの化学物質が放出されておこる。
2. 花粉症は 1 2 3 4 5 型のアレルギー反応である。
3. ペニシリンショックは 1 2 3 4 5 型のアレルギー反応である。
4. アレルギー性喘息は 1 2 3 4 5 型のアレルギー反応である。
5. I型のアレルギーは 遅延型 即時型 である。
6. アナフィラキシーショックは 1 2 3 4 5 型のアレルギー反応である。