錘内筋は、筋紡錘の両端に位置する。そのため、錐内筋が収縮すると、筋紡錘が伸展され、活動電位が発生しやすくなる。

03512.jpg


Challenge Quiz

1. 錘内筋が収縮すると、筋紡錘の感度は 上がる あまり変わらない 下がる