Challenge Quiz

1. 体温調節の負のフィードバックにおいて, ふるえなどの運動を「原因」とするならば,「結果」は体温 上昇 低下 である.インフルエンザ感染治癒により,体温調節の負のフィードバックシステムが「ちょうどいい」と判断するセットポイント温度は,インフルエンザ感染時と比べて, 上昇する 変わらない 低下する .そのため,インフルエンザ感染治癒により,ふるえなどの運動を調節する負のフィードバックシステムは,インフルエンザ感染による高体温を「結果」が 多い ちょうどいい 少ない と判断し,「原因」であるふるえなどの運動 を増大(亢進)させる に影響しない を減少(低下)させる .この調節は,体温 を上昇させる に影響しない を低下させる .
2. 体温調節の負のフィードバックにおいて, 発汗を「原因」とするならば,「結果」は体温 上昇 低下 である.インフルエンザ感染治癒により,体温調節の負のフィードバックシステムが「ちょうどいい」と判断するセットポイント温度は,インフルエンザ感染時と比べて, 上昇する 変わらない 低下する .そのため,インフルエンザ感染治癒により,発汗を調節する負のフィードバックシステムは,インフルエンザ感染による高体温を「結果」が 多い ちょうどいい 少ない と判断し,「原因」である発汗 を増大(亢進)させる に影響しない を減少(低下)させる .この調節は,体温 を上昇させる に影響しない を低下させる .