POINT!
Insulin-FBsummary.jpg
食事は血糖を上昇させ、インスリンは血糖を低下させる。これらの作用は逆の方向であるので、(の)負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を亢進させる。 絶食は血糖を低下させ、インスリンは血糖を低下させる。これらの作用は同じ方向であるので、(の)負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を低下させる。

食事などにより血糖が高い時、負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を亢進させます。

絶食などにより血糖が低い時、負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を低下させます。

Challenge Quiz

1. 食事 絶食 の作用とインスリンの作用は同じ方向であるので、負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を 亢進 低下 させる。
2. 食事 絶食 の作用とインスリンの作用は逆の方向であるので、負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を 亢進 低下 させる。
3. 血糖が 高い 低い 時、負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を亢進させる。
4. 血糖が 高い 低い 時、負のフィードバックはインスリン(の生成、内分泌、血中濃度)を低下させる。