POINT!

動画と音声での説明

ADHbeforeSweating-Jpn.jpg

発汗前(ベースライン)では恒常性が保たれていて、(バゾプレッシン、抗利尿ホルモン ADHによって増加する水チャンネルを通じての)水分再吸収の血漿浸透圧低下作用は適度な強さであり、血漿浸透圧と尿浸透圧は正常(等張)、尿量も正常であるとしましょう。

6-ADHcontrol-sweat1.jpg

図の①:発汗により水分が血漿から出るため、血漿浸透圧が上昇し(濃く、高張になり)ます。
図の②:これは、(バゾプレッシン、抗利尿ホルモン ADHによって増加する水チャンネルを通じての)水分再吸収の血漿浸透圧低下作用と逆の方向です。そのため、(バゾプレッシン、抗利尿ホルモン ADHによって増加する水チャンネルを通じての)水分再吸収の血漿浸透圧低下作用の強さは、発汗前(ベースライン)では適度でしたが、発汗により上昇した(濃く、高張になった)血漿浸透圧を戻すためにはその強さでは不足(青)となります。負のフィードバックによる調節が必要です。





SweatDuringADHcontrol.jpg

図の③:(バゾプレッシン、抗利尿ホルモン ADHによって増加する水チャンネルを通じての)水分再吸収の血漿浸透圧低下作用が発汗前(ベースライン)の強さでは不足(青)なので、負のフィードバックがバゾプレッシン(抗利尿ホルモン ADHの生成・内分泌・血中濃度)を亢進(赤)させます。
図の④:バゾプレッシン(抗利尿ホルモン ADH)の水チャンネル増加作用が増強し、水チャンネルは増加します。これにより尿細管からの水分再吸収は増加します。


6-ADHcontrol-sweat2.jpg

図の⑤:水分再吸収が増加し、薄い溶液(低張液)が血漿に入ります。発汗により上昇した(濃く、高張になった)血漿浸透圧は、発汗前の正常な(ベースラインの)浸透圧(等張)へ向けて低下します。
水分再吸収で薄い溶液(低張液)が尿細管から出るため、残る液の浸透圧は上昇し(濃く、高張になり)ます。水分再吸収も増加するため、尿細管に残る水分は減少します。つまり尿は濃く、少量になります。

Challenge Quiz

1. 発汗すると、負のフィードバックにより、バゾプレッシン(抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone, ADH)の生成、内分泌、血中濃度は、 亢進 低下 する。
2. 発汗すると、負のフィードバックにより、尿細管の水チャンネルは 減少 増加 する。
3. 発汗すると、負のフィードバックにより、尿細管からの水分再吸収は 増加 減少 する 。
4. 発汗すると、負のフィードバックにより、尿量は 増加 減少 する。
5. 発汗すると、負のフィードバックにより、尿の浸透圧は 上昇する 低下する
6. 発汗すると、負のフィードバックにより、血漿浸透圧は(等張へ向けて) 上昇 低下 する。
7. 発汗により水分が血漿 へ入る から出る ため、血漿浸透圧は 上昇 低下 する。これは、(バゾプレッシン、抗利尿ホルモン ADHによって増加する水チャンネルを通じての)水分再吸収の血漿浸透圧低下作用と 同じ 逆の 方向である。つまり、(バゾプレッシン、抗利尿ホルモン ADHによって増加する水チャンネルを通じての)水分再吸収の血漿浸透圧低下作用の強さは、発汗前(ベースライン)では 過剰 適度 不足 だったが、発汗により 上昇 低下 した血漿浸透圧を戻すためにはその強さでは 過剰 適度 不足 となる。そのため、負のフィードバックがバゾプレッシン(抗利尿ホルモン ADHの生成・内分泌・血中濃度)を 亢進 低下 させる。バゾプレッシン(抗利尿ホルモン ADH)の水チャンネル増加作用が 増強 減弱 し、水チャンネルは 増加 減少 する。これにより尿細管からの水分再吸収が 増加 減少 し、 濃い 薄い 溶液が血漿に入る。発汗により 上昇 低下 していた血漿浸透圧は発汗前の正常な(ベースラインの)浸透圧(等張) へ向けて から離れて   上昇 低下 する。再吸収で 濃い 薄い 溶液が尿細管から出るため、残る液の浸透圧は 上昇 低下 する。水分再吸収も 増加 減少 するため、尿細管に残る水分は 増加 減少 する。つまり尿は 濃く 薄く 多量 少量 になる。