POINT!
04427.jpg

巨赤芽球性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12および/または、葉酸が欠乏し、前赤芽球から赤芽球への分化がブロックされ、巨赤芽球に変性します。

巨赤芽球性貧血の赤血球は、(当然、名前の通り)大球性です。

巨赤芽球性貧血では、2次的な変化として、鉄の消費が減少し、貯蔵鉄(フェリチン)と血清鉄とが増大します。また、(フェリチンが増大するため)血清フェリチンが増大、(フェリチンが増大するため、逆相関で)総鉄結合能、 total iron-binding capacity (TIBC)は減少、(TIBCが減少し、血清鉄が増加するため)不飽和鉄結合能 unbound iron-binding capacity (UIBC)は減少します。これらの変化は、細い矢印で図示してあります。

Challenge Quiz

1. 巨赤芽球性貧血の主な病因は、 鉄不足 デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下 トランスフェリンの欠損 トランスフェリンの減少 グロビン遺伝子欠損 赤血球に対する自己抗体 全能性幹細胞の分裂・分化能の低下 ビタミンB12および/または葉酸の欠乏 である。
2. 巨赤芽球性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用する ビタミンB12 葉酸 が欠乏する。
3. 巨赤芽球性貧血の赤血球は、 大球性 正球性 小球性 である。