Hepatic lobule.jpg

肝臓には固有肝動脈と門脈との流入があり、肝静脈と(胆嚢への)肝管とへの流出があります。
肝臓の機能単位は「肝小葉」という、六角形の構造物です。機能の中心は、当然、肝細胞です。
固有肝動脈と門脈と(の枝)は、肝小葉の周辺にあります。血液の流れは肝小葉の周辺から中心方向です。
(集まって肝静脈となる)中心静脈は、文字通り、肝小葉の中心にあります。
(集まって肝管となり)胆嚢、十二指腸に胆汁を送る細い管も、肝小葉の周辺にあります。胆汁の流れは肝小葉の中心から周辺方向です。

Challenge Quiz

1. 固有肝動脈の枝は、肝小葉の 周辺 中心 にある。
2. 門脈の枝は、肝小葉の 周辺 中心 にある。
3. (集まって肝静脈となる)細い静脈は、肝小葉の 周辺 中心 にある。
4. (集まって肝管となり)胆嚢に胆汁を送る細い管は、肝小葉の 周辺 中心 にある。
5. 肝小葉の中心にあるのは、 固有肝動脈の枝 門脈の枝 (集まって肝静脈となる)細い静脈 (集まって肝管となり)胆嚢に胆汁を送る細い管 である。
6. 肝小葉における血液の流れは 周辺から中心方向 中心から周辺方向 である。
7. 肝小葉における胆汁の流れは 周辺から中心方向 中心から周辺方向 である。
8. 肝臓の微細構造の図における*印は 固有肝動脈 門脈 中心静脈 肝静脈 肝管 である。矢印は流れの方向を示す。
./images/300px-中心静脈_クイズ.jpg
9. 肝臓の微細構造の図における*印は 固有肝動脈 門脈 中心静脈 肝静脈 肝管 である。矢印は流れの方向を示す。
./images/300px-肝静脈(肝小葉)_クイズ.jpg
10. 肝臓の微細構造の図における*印は 固有肝動脈 門脈 中心静脈 肝静脈 肝管 である。矢印は流れの方向を示す。
./images/300px-肝管_クイズ.jpg