耳管は咽頭に通じており、通常は閉じている。このとき、鼓室は閉じた空間である。嚥下やアクビのときなどに、耳管は開き鼓室は外へ対して開かれる。このとき、鼓室内圧は外気圧と等しくなる。


01305.jpg

たとえば、ビルの1階では、鼓室は、1階の大気圧と等しい(濃い青色)。耳管は閉じていて、鼓室は閉鎖している。



01306.jpg

航空機や高層ビルのエレベータで高度が上昇すると、外気圧が低下する(薄い青色)。鼓室は閉じた空間であるので、内圧は1階レベルから変化しない(濃い青色)。その結果、鼓膜の内外で圧力差が生じ、鼓膜は湾曲する。鼓膜自体にも知覚神経があるため、この湾曲は異和感ないし痛みとして感覚される。


01307.jpg

このとき、嚥下すると耳管が開き、鼓室内の高い圧力は咽頭に抜ける。



01308.jpg

これにより鼓膜内外の圧力差がなくなる。鼓膜も平坦になる。耳の異和感も同時に消失することは、日常しばしば経験する。



Challenge Quiz

1. 耳管は嚥下時に  開く 閉じる
2. 耳管は咽頭と 外耳 中耳 内耳 とをつないでいる。