体に加速度が加わると、慣性の法則により、リンパ液が反対方向へ移動する。このとき、三半規管膨大部の平衡頂にある有毛細胞が、リンパ液の動きにより刺激される。この刺激が活動電位に変換されることで、三半規管は加速度を感知し得る。


Challenge Quiz

1. 内耳に対する適当刺激には、 加速度 速度 があげられる。
2. 加速度は、三半規管の有毛細胞を動かすことで活動電位に変換される。最終的に三半規管の有毛細胞を動かすのは、 耳石 リンパ液 前庭窓 の動きである。
3. 三半規管に加速度が加わると、 スターリンの法則 慣性の法則 ベル・マジャンディーの法則 により、リンパ液が加速度と 同じ 反対の 方向へ動く。