動画と音声での説明

04672.jpg

第二子を妊娠した場合、血液型はやはりRh(+)である可能性が高いです。第1回妊娠と違い、母体はRh抗原に対して感作されています。すなわち、血中にRh抗原に対する抗体(抗Rh抗体)があります。


(1)この抗Rh抗体は胎盤を通過し、第2子に入ります。

(2)抗Rh抗体は、子宮内で第2子の赤血球のRh抗原に結合します。

(3)これにより、第2子の赤血球が破壊されてしまいます。


これが血液型不適合妊娠による胎児赤血球破壊の病態です。


Challenge Quiz

1. Rh血液型(+)の第1子に対して生成された抗Rh抗体は、Rh血液型(+)の第2子の赤血球に対して ほとんど無効である 有効であり攻撃する