POINT!
Cranial07 1.jpg
顔面神経(第Ⅶ脳神経)は、舌前2/3の味覚の神経です。舌後1/3の味覚の神経は舌咽神経(第Ⅸ脳神経)です。

顔面神経(第Ⅶ脳神経)は唾液分泌の神経でもあります。
口腔内の冷たい、熱いなどの温度感覚、怪我などによる痛覚の神経は三叉神経(第Ⅴ脳神経)です。

Cranial07 2.jpg
(眼輪筋を含む)表情筋の運動は顔面神経(第Ⅶ脳神経)の働きですが、顔面皮膚の感覚は三叉神経(第Ⅴ脳神経)です。表情筋により額にしわを寄せたり、口をすぼめたりできます。口角を上げる働きもあります。そのため、顔面神経麻痺では口角が下がり、唾液が流出しやすくなってしまいます。
Cranial07 3.jpg
眼輪筋により目を閉じる神経は顔面神経(第Ⅶ脳神経)ですが、上眼瞼拳筋の運動により目を開けさせる神経は動眼神経(第Ⅲ脳神経)です。涙腺の神経も顔面神経(第Ⅶ脳神経)です。眼球運動させる動眼筋のうち、上斜筋は滑車神経(第Ⅳ脳神経)、外転筋は外転神経(第Ⅵ脳神経)の働きです。他の動眼筋はすべて動眼神経(第Ⅲ脳神経)の働きです。


Challenge Quiz

1. 顔面神経の機能は 舌前2/3の味覚 (眼輪筋を含む)表情筋の運動 唾液腺の分泌 涙腺の分泌 舌後1/3の味覚 顔面の感覚 舌の筋の運動 視力 である。
2. 顔面神経は第 I II III IV V VI VII VIII IX X XI XII 脳神経である。