鼓膜において空気の振動(音)が、膜の振動に変換される。鼓膜と前庭窓膜との面積比は、20:1である。また、耳小骨はテコの作用を有する。これらの理由により、前庭窓膜に伝えられる振幅は、鼓膜の振幅の約30倍といわれている。


Challenge Quiz

1. 鼓膜の面積は、前庭窓膜の  20分の1倍 20倍 である。
2. 鼓膜の振幅は、前庭窓膜の  30分の1倍 30倍 である。