中耳には、鼓膜張筋とアブミ骨筋とがあり、いずれも、大きな音に対して反射的に収縮し、それぞれ鼓膜、アブミ骨の動きを制限する。これにより、内耳への音の伝導が抑制され、蝸牛が保護される。

いずれの筋も、骨格筋であるが随意的に収縮させることはできない。


Challenge Quiz

1. 大きな音により、鼓膜張筋が反射性に 弛緩 収縮 し、伝音の効率は 上がる 下がる
2. 大きな音により、 アブミ骨筋 鼓膜張筋 胸鎖乳突筋 咀嚼筋 が反射性に収縮し、伝音の効率は下がる。