POINT!
00533.jpg


第XIII因子の作用により,安定化フィブリンでは,D領域間の結合が強い(前述).そのため,安定化フィブリンにプラスミンが作用すると,D領域が二つ結合したダイマーが生成します.FDPの一種である.フィブリンが生成した証拠と解釈されます.