02497.jpg

播種性血管内凝固症候群 Disseminated intravascular coagulation (DIC)では、悪性疾患、敗血症、妊娠中毒などに合併し、全身の血管で微小な血栓と塞栓が生じ、虚血、梗塞・壊死が多臓器で起こります。血小板数は減少、フィブリノーゲン濃度は低下、フィブリン分解産物 fibrin degradation product (FDP)は上昇します。

Challenge Quiz

1. 播種性血管内凝固症候群 Disseminated intravascular coagulation (DIC)では、 大きい 微小な 血栓と塞栓が 1ヶ所 全身 の血管に生じる。
2. 播種性血管内凝固症候群 Disseminated intravascular coagulation (DIC)では、血栓と塞栓が 1つ 多くの 臓器で起こる。
3. 播種性血管内凝固症候群 Disseminated intravascular coagulation (DIC)では、血小板は 増加 減少 する。
4. 播種性血管内凝固症候群 Disseminated intravascular coagulation (DIC)では、フィブリノーゲン濃度は 上昇 低下 する。