POINT!

動画と音声での説明

AldosteroneControlSummary.jpg

腎血流量が多いと、レニン―アンジオテンシンーアルドステロン系は抑制されます。腎血流量が多いのは血圧が高い時です。これは、レニン―アンジオテンシンーアルドステロン系の血圧上昇作用と同じ方向であり、レニン―アンジオテンシンーアルドステロン系の作用が過剰な(夏のヒータのような)状態です。このような時、負のフィードバックでは、レニン―アンジオテンシンーアルドステロン系は抑制されます。

腎血流量が少ないと、レニン―アンジオテンシンーアルドステロン系は促進されます。腎血流量が少ないのは血圧が低い時です。これは、レニン―アンジオテンシンーアルドステロン系の血圧上昇作用と逆の方向であり、レニン―アンジオテンシンーアルドステロン系の作用が不足している(冬のヒータのような)状態です。このような時、負のフィードバックでは、レニン―アンジオテンシンーアルドステロン系は促進させます。


Challenge Quiz

1. レニン―アンジオテンシンーアルドステロンの生成、内分泌に負のフィードバックをかけている主な要因は  血漿K+濃度の増大 血漿pHの低下 血漿量と血圧の増大 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)濃度の増大 アンジオテンシノーゲン濃度の増大 である。
2. 血液量と血圧が 塩分摂取により上昇 出血により低下 すると、レニンの生成、内分泌が多くなる。
3. 血液量と血圧が 塩分摂取により上昇 出血により低下 すると、レニンの生成、内分泌が少なくなる。
4. 血液量と血圧が 塩分摂取により上昇 出血により低下 すると、(レニン―アンジオテンシンー)アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)の生成、内分泌が多くなる。
5. 血液量と血圧が 塩分摂取により上昇 出血により低下 すると、(レニン―アンジオテンシンー)アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)の生成、内分泌が少なくなる。