POINT!
03438.jpg

脂質が十二指腸管腔に届くと、十二指腸からコレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin-pancreozymin (CCK-PZ)が生成、内分泌されます。コレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin-pancreozymin (CCK-PZ)の血中濃度が上がることにより、胆嚢が収縮して、多くの胆汁が十二指腸に流入します。また、消化酵素の多い膵液が生成・外分泌されます。これらの作用により十二指腸管腔の脂質は消化、分解され、脂質が届く前の状態に戻ります。


Challenge Quiz

1. コレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin-pancreozymin (CCK-PZ)は 十二指腸内が酸性になった時 十二指腸内がアルカリ性になった時 胃に内容物が入ってきた時 十二指腸内に脂質が入ってきた時 、生成、内分泌、血中濃度が亢進するホルモンである。
2. コレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin-pancreozymin (CCK-PZ)は 十二指腸 膵臓 胆嚢 から 内分泌されるホルモン 外分泌される消化酵素 である。
3. コレシストキニン・パンクレオザイミンは 酵素 HCO3- の多い膵液を分泌させる。
4. コレシストキニン・パンクレオザイミンは十二指腸内の脂肪によって分泌が亢進し.胆嚢を 収縮 弛緩 させる。
5. コレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin-pancreozymin (CCK-PZ)は 唾液 胃液 膵液 腸液 胆汁 の分泌を亢進する。
6. 図の*に適切なのは 促進、増大 抑制、減少 の印である。
./images/250px-Cck_quiz01.jpg
7. 図の*に適切なのは 促進、増大 抑制、減少 の印である。
./images/250px-Cck_quiz02.jpg
8. コレシストキニン・パンクレオザイミンにより膵臓から アルカリ 酵素 が主に外分泌される。
9. コレシストキニン・パンクレオザイミンが作用すると 胆嚢 尿管 収縮 拡張 する。
10. コレシストキニン・パンクレオザイミンは主に 食道 十二指腸 空腸 回腸 大腸 膵臓 胆嚢 肝臓 から生成、内分泌されている。