POINT!
03441.jpg

胃に内容物が入ると、ガストリンの生成・内分泌が促進されます。ガストリンの血中濃度が高まると、胃の運動、ならびに胃液の生成・外分泌が亢進します。いずれも内容物の消化を促進します。

03416.jpg

セクレチンにより、胃の運動・胃酸の外分泌が抑制されます。


セクレチンの生成・内分泌は十二指腸内が酸性になると促進されるのであり、これを元に戻すために、胃の運動・胃酸の外分泌が抑制されることは、役にたちます。

Challenge Quiz

1. ガストリンは 十二指腸内が酸性になった時 十二指腸内がアルカリ性になった時 胃に内容物が入ってきた時 十二指腸内に脂質が入ってきた時 、生成、内分泌、血中濃度が亢進するホルモンである。
2. ガストリンは 食道 十二指腸 回腸 大腸 から内分泌され、 食道 十二指腸 回腸 大腸 における消化活動を 亢進 低下 するホルモンである。
3. ガストリンは胃の運動、外分泌を 亢進 低下 する。
4. 図における*に適切なのは 促進、増大 抑制、減少 の印である。
./images/250px-04689.jpg
5. 図における*に適切なのは 抑制、減少 促進、増大 の印である。
./images/250px-04690.jpg
6. セクレチンは 十二指腸内が酸性になった時 十二指腸内がアルカリ性になった時 胃に内容物が入ってきた時 十二指腸内に脂質が入ってきた時 、生成、内分泌、血中濃度が亢進するホルモンである。
7. セクレチンは胃の運動、外分泌を 亢進 低下 する。