POINT!

動画と音声での説明

弛緩期.jpg

弛緩期は、心室が弛緩し、心室内圧が低下し、動脈圧よりも低い時期です。 そのため、房室弁(の手前にあり)開く圧である心房内圧が、房室弁(の先にあり)閉じる圧である心室内圧よりも低く、房室弁は閉じています。また、動脈弁(の手前にあり)開く圧である心室内圧は、動脈弁(の先にあり)閉じる圧である動脈圧よりも低く、動脈弁は閉じています。心室から心房に血流はありません。

 

Challenge Quiz

1. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心室筋は  収縮している 弛緩している
2. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心室内圧は  上昇している 低下している
3. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心室内圧は心房内圧に比べて  高い 低い
4. 弛緩期(等容性弛緩期)には、房室弁は  開いている 閉じている
5. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心房から心室へ血液が  流れる 流れない
6. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心室内圧は動脈圧に比べて  高い 低い
7. 弛緩期(等容性弛緩期)には、動脈弁は  開いている 閉じている
8. 弛緩期(等容性弛緩期)には、心室から動脈へ血液が  流れる 流れない
9. 弛緩期(等容性弛緩期)に、動脈弁が閉まるときに発生する心音が、 第I心音 第II心音 である。