00764.jpg
女性ホルモンの一種です。オキシトシンの分泌は、乳頭が刺激されることにより高まり、乳管の平滑筋を収縮させて乳汁を排泄させる作用があります。また、分娩時、産道への刺激によっても分泌が亢進し、子宮平滑筋の収縮を増強することにより、胎児を下降させます。これにより産道はさらに強く刺激され、正のフィードバックが作用します。なお、思春期以降、乳房を発達成熟させるホルモンはエストロゲンであり、乳汁産生を促進するホルモンはプロラクチンです。


Challenge Quiz

1. オキシトシンは、乳管・子宮の平滑筋を  収縮 弛緩 させる。
2. オキシトシンの主な作用は、 乳汁の生産(産生) 乳管収縮 乳房発育 である。
3. 乳頭への刺激は  下垂体前葉 下垂体後葉 視床下部 からオキシトシン内分泌を  促進 抑制 する。
4. 産道への刺激は  下垂体前葉 下垂体後葉 視床下部 からオキシトシンの内分泌を  促進 抑制 する。
5. オキシトシンは、 下垂体後葉 下垂体前葉 から内分泌される。
6. オキシトシンの作用は、 女性器の平滑筋収縮 血漿浸透圧低下 である。