レプチン-一言.jpg

生成部位:脂肪組織

分泌部位:脂肪組織

分泌調節:脂肪組織の量に依存します。脂肪組織が多いと、レプチンの生成、内分泌も多く、脂肪組織が少ないと、レプチンの生成、内分泌も少なくなります。

作用:食欲低下、エネルギー消費増大、性腺刺激による性機能活性化

Challenge Quiz

1. レプチンは、 脂肪組織 視床下部 性腺 子宮内膜 下垂体前葉 下垂体後葉 で生成(産生)されている。
2. レプチンは、 脂肪組織 視床下部 性腺 子宮内膜 下垂体前葉 下垂体後葉 から内分泌されている。
3. レプチンは、食欲を 増大 低下 させる。
4. レプチンは、エネルギー消費を 増大 低下 させる。
5. レプチンは、性機能を 促進 抑制 する。
6. レプチンは 脂肪組織 心房 腎臓 精巣 副腎皮質 から生成、内分泌される。
7. レプチンが生成、内分泌されると食欲は 亢進 低下 する。