00942j.jpg

腎臓の糸球体から分泌されるホルモンです。低酸素血症により分泌が亢進します。また、男性ホルモンはエリスロポイエチンの分泌を増大させ、逆に、女性ホルモンはエリスロポイエチン分泌を抑制します。通常の(酸素濃度が正常な)状態でも、分泌されています。作用部位は骨髄であり、赤血球産生を増大させます。肝臓で分解されます。

03817.jpg


Challenge Quiz

1. エリスロポ(イ)エチンは、 骨髄 腎臓 脾臓 下垂体後葉 視床下部 で生成されている。
2. エリスロポ(イ)エチンは、 骨髄 腎臓 脾臓 下垂体前葉 視床下部 から分泌される。
3. エリスロポ(イ)エチンは、 骨髄 腎臓 脾臓 下垂体前葉 視床下部 に作用する。
4. エリスロポ(イ)エチンは、 赤血球 白血球 数を増す。
5. (腎性貧血以外の)貧血、低酸素血症の際、エリスロポ(イ)エチンの分泌は 亢進 低下 する。
6. エリスロポ(イ)エチンは、 脂肪組織 心房 腎臓 精巣 副腎皮質 副腎髄質 から生成、内分泌される。
7. エリスロポ(イ)エチンの作用は、 抗炎症 血圧上昇 食欲亢進 男性化 造血促進 である。
8. エリスロポ(イ)エチンが作用すると、 炎症反応がおきる 血圧が上昇する 食欲が亢進する 男性化がおこる 造血が促進される