POINT!

動画と音声での説明

Aldosterone target.jpg

主な作用はNa+の再吸収促進であり、尿へのNa+排泄は減少します。

副腎皮質でアルドステロンが生成され、内分泌されます。

アルドステロンは腎臓の尿細管に作用し、ナトリウムポンプを促進し、ナトリウムの再吸収を促進します。

再吸収された血管内ナトリウムにより血液量が増大し、血圧が上昇します。

Challenge Quiz

1. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)の標的細胞は  傍糸球体細胞 副腎皮質 腎尿細管 視床下部 下垂体前葉 である。
2. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)は血圧を  上昇 低下 させる。
3. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)は腎尿細管におけるNa+ 再吸収 分泌 を  亢進 抑制 する。
4. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)は血中のNa+量を  増大 低下 させる。
5. 電解質コルチコイド(アルドステロン)は 副腎皮質 副腎髄質 腎臓 から生成、内分泌される。
6. 電解質コルチコイド(アルドステロン)の作用は 血糖上昇 血漿中カルシウム濃度の上昇 血漿中ナトリウム量と血圧の上昇 心拍数上昇 血漿浸透圧低下 である。
7. 電解質コルチコイド(アルドステロン)は 血漿中カルシウム量 血漿中ナトリウム量 血漿中カリウム量 増大 減少 させ、これにより血圧を 上昇 低下 させる。